社会福祉法人

社会福祉法人の会計と税務

社会福祉法人簿記講座

社会福祉会計簿記講座(初級・中級)のご案内

 平成12年に社会福祉法人会計基準が制定されて16年の間に、社会福祉法人会計の一元化を目的として新しい社会福祉法人会計基準が平成23年7月通知され、平成27年度以降はすべての法人で新会計基準を適用することが義務付けられました。そして平成28年3月31日に公布された改正社会福祉法に合わせ、社会福祉法人会計基準は厚労省令第79号として改めて位置づけられました。

 社会福祉法人会計の困難性は、過去の会計処理法との考え方の違いや、各種社会福祉制度の改正に伴う会計処理方法の違い・変更が要因であり、この点は新会計基準の普及によってある程度解消されると考えられます。しかし一方で、いかに社会福祉法人にふさわしい会計制度が整備されたとしても、現場が混乱することの大きな要因の一つには、社会福祉法人会計基準を体系的に学習するシステムがないことが挙げられます。一般に企業においては日本商工会議所の行う簿記検定(日商簿記と呼ばれるもので、4級から1級までがあります。)などが用いられており、それぞれの級を取得するための学習体系も多くの教育・研修機関等によって開発されています。しかし社会福祉法人の会計処理についてはそうした体系や教材、また修得した知識や能力を測る試験が存在しませんでした。

 そこで当法人の関連団体である特定非営利活動法人福祉総合評価機構では、平成15年の設立以来、社会福祉法人の会計簿記、財務諸表作成等に特化した学習システム及び教材等の開発を進め、平成17年からは社会福祉法人の会計に関する知識・技能の判定指標としてはわが国初の制度となる「社会福祉会計簿記認定試験」を実施してまいりました。また平成25年からは当法人に事業を移管し、本年は12月4日(日)に全国で第12回試験(初級・中級・上級)を行う予定です。

 このような中で今般、社会福祉会計簿記認定試験の「初級」「中級」合格を目指す方のために「初級講座」「中級講座」を開催することといたしました。この講座は、社会福祉会計簿記認定試験の合格に必要な知識・技能を修得していただくためのもので、現場の実務担当職員の方だけでなく、理事長や施設長の役職にある方、また指導監査を行う立場の所轄庁の方々にもご参加いただけます。
(過去の「入門講座」等をお受けいただいた方は内容が重複いたしますのでご注意ください)。

 新会計基準を基礎から学習したい方にとりましては、無二の講座となることと思います。是非とも奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

初級講座
概要 簿記の基礎から社会福祉法人独特の処理までを身につけることができます
項目
  • 基本になる貸借対照表を理解しよう
  • 収支計算書はなぜ2種類あるのか
  • 財務三表の様式と科目
  • 簿記・会計とは
  • 仕訳と転記
  • 精算表
  • 固定資産と減価償却
  • 固定資産と引当金
  • 基本金・国庫補助金等
中級講座
概要 会計実務者から法人役員・経営者まで必要・不可欠な知識を網羅的に学習できます
項目
  • 社会福祉法人会計基準
  • 社会福祉法人の計算書類
  • 資産の評価
  • 純資産
  • 施設整備に係わる会計処理
  • 固定資産に係わる会計処理
  • 職員俸給係る源泉税等の実務
  • 事業区分間・拠点区分間・サービス区分間の取引
開催日程
  初級 中級 会場 スケジュール
第1回 9/6(火) 10/11(火) 新経営サービス
清水税理士法人
2階研修室
各回とも
13:30 - 16:30
第2回 9/13(火) 10/17(月)
第3回 9/20(火) 10/25(火)
第4回 9/27(火) 11/8(火)
第5回 10/5(水) 11/15(火)

※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※講座修了後には修了証をお渡しします。

講師プロフィール
江原 進哉

【略歴】
現在30社程度の顧問先へ会計・財務をはじめ経営全般に関するアドバイスを行う。特に、医療福祉機関(社会福祉法人、歯科、医科診療所)を中心に財務・会計以外の問題(人事、労務、増収、増患、開業指導)にも個別に対応しアドバイスを行うことによって、地域医療に貢献している医療福祉機関の健全経営の一翼を担っている。

【所属】
新経営サービス清水税理士法人 医療福祉部門ゼネラルマネージャー

江原進哉

講座お申込み

講座概要
対象 社会福祉法人の理事長、施設長、職員等、行政関係者、会計事務所職員 ほか
会場 新経営サービス清水税理士法人
京都市下京区河原町五条東北角 清水ビル2階
※駐車場はございません。お車でのお越しの場合は近隣のコインパークをご利用下さい。
担当講師 一般財団法人総合福祉研究会所属会員が担当します。
参加費 お一人様 25,000円 [税込・テキスト代含む]
お支払い方法 講座開始日までに下記口座へお振込ください。
お振込にかかる手数料についてはは受講者様にてご負担くださいますようお願い申し上げます。
(振込先)
京都銀行 河原町支店 普通口座 3863194
名義:総合福祉研究会 京都府支部 支部長 田中一実
持ち物 筆記用具・電卓(テキストは各講座初日にお渡しいたします)

地図・アクセスはこちら

お申込み方法

下記の「社会福祉会計簿記講座参加申込書」をダウンロードしていただき必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。記入いただいた個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。

FAX送信先
075-371-1003
新経営サービス清水税理士法人 担当窓口:駒井
お電話の窓口
075-343-0870
営業時間 平日:9:00〜17:30

社会福祉会計簿記認定試験のご案内

第12回社会福祉会計簿記認定試験
平成28年12月4日(日)全国にて実施



  • 特定非営利活動法人福祉総合評価機構
    社会福祉施設第三者評価の評価機関としての活動を行うことを目的として平成15年2月に設立認証され、現在は全国8都道府県に事務所を置く内閣府認証法人として活動している。代表は理事長清水康之(元厚生省児童家庭局長)。本部を東京都新宿区に置く。
  • 一般財団法人総合福祉研究会
     社会福祉法人会計簿記講座・試験等を実施する、社会福祉法人の会計を中心とした経営サポートを行う公認会計士・税理士の全国ネットワークで平成9年に設立。平成25年に一般財団法人化となり、平成28年6月現在全国で約130事務所が会員として活動中。会長は林光行(公認会計士・税理士/全国経営協監事)。本部を東京都新宿区に置く。

お問い合わせ075-343-0870