個人の確定申告

不動産の賃貸収入がある方

地代、家賃など土地や建物の貸付等による所得は、不動産所得として確定申告します。

不動産所得の金額は、その年中の収入金額から必要経費を控除した金額ですが、税務署に相談すると必要経費としては、固定資産税、減価償却費、借入金利息くらいしか認めてもらえないことが多いようです。規模にもよりますが、実際にかかった費用なら、必要経費に認めてもらえることもありますので、ぜひご相談いただきたいと思います。
逆に、借入金利息でも、不動産所得が赤字の場合、その赤字の金額のうち土地等を購入するための借入金利息に相当する部分については、経費に認められません。

青色申告の承認を受けることにより10万円の特別控除を受けることができます。さらに事業的規模(5棟10室以上の賃貸)、その他一定の条件(複式簿記による記帳など)を満たしている場合には、65万円の控除を受けることができます。

詳しくは、お問い合わせください。

⇒料金表はこちら

お問い合わせ075-343-0870