医療コンサルティング

医院経営サポート

受付事務業務

医院に来られた患者様と一番初めに応対されるのが、受付事務の方であり、次回のアポイントの管理をされるのも、受付事務の方であり、診療材料や事務用品などの下支えをされているのも、受付事務の方です。
ところで、院長先生はご自身の医院の受付事務業務のどの業務が上手くいっていて、どの業務に課題があるのかについてご存知でしょうか。

主に、受付事務業務は・・・

  1. 現・預金管理、未収金管理
  2. 請求事務
  3. 資料保存管理
  4. 患者接遇
  5. 発注・在庫管理
  6. 情報管理
  7. アポイント管理

以上の7つが一般的かと思います。

医院で、受付事務のマニュアルを作成され、その後、定期的に業務の見直しをされているところもありますが、客観的に見て適正に業務が行われているか、また、効率的に行われているかなどを判断する機会はあまりないように思われます。
患者様の待ち時間への対策や患者様が感じるコミュニケーション不足も、受付事務の課題が一つの要因となっていることもありえるのです。

当社では、受付の業務を診断させていただき、課題発見のお手伝いをするサービスを行っております。

業務診断の流れ
Ⅰ ヒアリング、現地調査
7つのテーマのチェックリストを元に対象となる部門及び責任者へのヒアリングを実施
   ↓
Ⅱ 現状分析、レポート作成
   ↓
Ⅲ 報告会の実施
   ↓
Ⅳ 先生との最終打ち合わせ

詳しくお知りになりたい方は、一度当社にお問い合わせください。

お問い合わせ075-343-0870