医療コンサルティング

開業支援サービス

スタッフ教育

スタッフ教育 [従業員接遇応対研修]
従業員接遇応対研修とは
最近はどこの医院でも接遇マナーの向上に力を入れています。それは、医療機関である以上「医療の質」が求められていることは言うまでもありませんが、医療機関である前にサービス業であるという認識で、医院に訪れる患者様に満足していただける対応をすることが求められているからです。 接遇応対研修は、患者様に満足していただける対応ができる従業員を育成する教育を行うことです。
接遇応対研修

接遇応対研修といいましても、そのテクニックを覚えるだけでは不十分です。来院される患者様の不安を少しでも取り除き、満足していただける対応ができるようになるのは何よりも「思いやりの心」が必要です。

当社では、以下のプログラムにより「医療人としての心構え」から「基本マナー」までを研修いたします。

  • 社会人として
     ・・・プロとして、社会人としての自覚を再認識
  • 医療を取り巻く環境
     ・・・医療業界を理解し、自院を「選ばれる医院」にするという意識付け
  • サービス業としての心構え
     ・・・医療はサービス業という認識とサービス向上の重要性を学習
  • 医療人として
     ・・・医療機関における接遇の重要性を認識
  • 接遇マナーとロールプレイング
     ・・・医院における接遇マナーのあるべき姿を学習し、ロールプレイングを行うことで習得する。
スタッフ教育 [チームワーク研修]
チームワーク研修とは

最初は医院の全員が初対面です。お互いが慣れるまでは、簡単なコミュニケーションでさえも上手くいかないことがあることでしょう。しかし患者様を前に「開院当初だから不慣れでもしょうがない」という理屈は通用しません。万全な体制で開院に臨むためには、先生、そして従業員同士が十分にコミュニケーションが取れていることが欠かせません。

不慣れな状態・必要以上の緊張を解きほぐし、お互いのコミュニケーションを図る研修がチームワーク研修です。研修を通じて医院のチームワークを形成します。

チームワーク研修
協力ゲーム・印象ゲームなどのゲーム形式による研修プログラムで医院のチームワークを形成いたします。研修の前後で従業員同士の表情が変わった、一緒に医院を盛り立てていこうという意欲が湧いたなど参加者から大変ご好評をいただいております。
スタッフ教育 [記帳指導サポート]
記帳指導について

開業を決意されてから開院日に至るまで、また開院後も医院には様々な入出金がなされます。勤務医時代は、それら入出金の履歴を記録する必要はありませんでしたが、開業医は個人事業主として確定申告が必要になることから、履歴を洩らすことなく記録しなければなりません。

またその記録は家計簿などのように書式が自由ではなく、税務・会計のルールに則った複式簿記の形式でなければなりません。また書類の整理・保存方法にも配慮する必要があります。そのため、始めのうちは「記帳の仕方」について指導を受けるケースが一般的です。

記帳指導サポート

医院によっては「記帳はすべて税理士にお任せ」というケースもあります。しかし日々、自身で記帳を行うことで、数字に対する感覚を身に付けることができるようになり、また記帳の結果作り出される試算表や決算書を見る際により経営者としての視点を持つことができます。そのため当社では、先生もしくは配偶者の方に記帳をお願いし、不備・不足を弊社担当者が補足する、という形を採用させていただいております。

弊社担当者が、日々の現金管理法、出納帳の記載方法、勘定科目の判断、帳票書類の保存法などを指導し、自身で記帳ができるようになるようサポートをさせていただきます。

お問い合わせ075-343-0870