医療コンサルティング

開業支援サービス

診療圏調査と開業地選定

開業地選定 [診療圏分析]
診療圏分析とは
すでに土地をお持ちの場合を除いて、開業候補地または開業候補物件を選定する必要があります。開業スタイルや敷地の広さ、資金、地域性などさまざまな要素を考慮して検討します。目安がついたら、その地域の立地調査や人口動態調査、競合調査などの診療圏分析を行い、データを収集・分析し、開業に適しているかどうかを判断することになります。 また患者数や収入予測など、経営プランを立てる意味でも重要性が高く綿密なリサーチが必要となります。
診療圏分析の目的
開業する際には多額の資金と労力が必要です。開業後、数十年に渡って診療を続けられるのですが、診療をすることで開業時(開業後)に投下した資金を回収していかなければなりません。診療圏分析は来院患者数を予測するものだと前述いたしました。この診療圏分析の結果により、あなたの開業プラン(開業コンセプト)とその地域とがマッチしているか検証するのです。開業候補地が複数ある場合はそれぞれの場所において診療圏分析を行い、比較検討していくことになります。 診療圏分析によって来院患者数を予測する訳ですが、 診療圏分析を行うことにより、『より多い来院患者数の獲得できる場所に開業する』、『患者層を踏まえた上で、評判のよい医院を建てる』、『それほど苦なく返済可能な範囲内で借金をして、設備を整える』、『患者数に見合った数の従業員を雇用する』等、様々なことが可能となります。
開業地選定 [開業候補地の紹介]
開業候補地について

現時点であなたが所有している土地(建物)以外の場所で開業される場合、数十年にわたり診療していく土地・建物を探さなければなりません。また、所有している場合でも、その土地がそのまま開業に適しているとも限りません。その開業地を決定するために必要なものが不動産(土地・建物)の情報です。

開業候補地は、あなたのコンセプトと地域のニーズが合致しているかを十分に考慮する必要があります。診療科によっては、開業地の選択ミスが開業後の業績に致命的な影響を与えることもあります。

開業候補地紹介

診療所の立地は成功するための要因として大変重要だと考えられています。当社の関連会社である株式会社財産ネットワークス京都では「成功する医院の要件」に合致した不動産情報のみを提供させていただいております。

考慮する具体的な項目としては以下のものが挙げられます。

  • 広さ(建物・駐車場・自宅等に影響)
  • 周囲環境(住宅地・教育施設・商業地域・駅など)
  • 交通環境(ヒト・車の流れなど)

もちろん不動産情報は最新のものを随時、ご案内させていただきます。   診療所を建設するにあたって建ぺい率や容積率などの制限を受けないか、等にも十分注意を払っております。また、現在所有されている土地が開業候補地として不向きと判断された場合には、その土地の有効活用法をも検討していきます。

開業地選定 [開業予定地への同行・アドバイス]
開業予定地の視察
開業候補地・予定地に直接足を運ぶことは、地域の雰囲気を知るために大変重要です。また直接目にすることで、その土地が過去どのような使われ方をしてきたのかも知ることが出来ます。 またその後の診療所設計の際には、土地の状況を十分に把握していなければなりません。一度だけでなく何度も足を運び、「土地を(地域を)感じる」ことが重要です。
開業予定地同行
当社の関連会社である株式会社財産ネットワークス京都が開業予定地に同行し、プロの目でその土地を診断します。 土地の価格が適正か、建ぺい率・容積率等により診療所建築に制限を受けないか、過去の使用状況も確認します。 場合によっては売主側へ瑕疵責任を求めることもあります。また、当社医療福祉部門が医院の開業地として適当か、広さや立地は診療科に適しているか、診療所を建築した際の視認性は十分か、などを確認します。

お問い合わせ075-343-0870