医療コンサルティング

開業支援サービス

事業収支計画書の作成

事業計画作成 [事業計画書の作成]
事業計画書とは
事業計画とは、あなたが思い描く事業プランをベースに、開業後の収入・支出がどのように発生し、推移するかをシミュレーションし、それを基に円滑な経営を行うための計画をいいます。

  • いくらぐらいの診療所を建てたいか?
  • 医療機械はどうするか?
  • 従業員は何名雇いたいか?
  • 生活費はいくら必要なのか?
  • いくら貯蓄したいか
など、あなたが思い描く事業プランを具体的な経営数値へ置き換えて、その実現可能性を探ります。事業プランによっては診療所の規模や人員体制、そして借入金の返済計画も変わってきます。これらの計画を数値化し、損益予測・収支予測という形に変えたものを事業計画書といいます。
事業計画

診療圏分析の項で「診療圏分析と事業計画書を同時作成」とご紹介しました。診療圏分析は固定した数値を元に算出するので、複数回作成することはありませんが、事業計画書は設備投資計画や融資条件、人員配置など、様々な条件によって変化します。よって条件が変更される都度、事業計画は作り直す必要があります。

当社では条件が変更する都度、事業計画書を作成し、損益試算とそれに伴う税金の計算、そして返済計画を盛り込んだ資金収支の試算を行い、事業として無理がないものかを徹底検証いたします。

お問い合わせ075-343-0870