労務管理

最新労務情報

企業の身近な相談役ビジネスパートナーとして、皆様が抱えている悩みに対応します。

リストラ、解雇、サービス残業の問題や給与体系の再構築、定年再雇用問題など企業が抱えている問題は多岐にわたり、労務管理に不安がある企業も多いのではないでしょうか。
私共は企業の身近なパートナーとして、企業を予期せぬリスクから守り、企業の発展に貢献致します。


トラブル相談

解雇や賃金、社員の不祥事に伴うトラブルなど、労務トラブルが発生した時、一体どうすれば・・・?とお困りの方、当事務所にご相談下さい。

相談内容の一例
  • 労働基準監督署他諸官庁の調査立会
  • 整理解雇を含む解雇問題
  • 不払い残業を含む賃金未払い問題
  • 合併、企業売却に伴う労働関係
  • 賃金再設定・退職金制度変更に伴う労働条件不利益変更
  • 社員の不祥事に伴う問題 等
コストの削減

コスト(人件費)は削減したいけど事務レベルは下げたくない。法令対応はしっかりしたい・・・。企業にとって悩みはいろいろです。
人事アウトソーシングは専門的な知識を享受しつつ、コストの削減に結び付く合理的な業務委託です。

例えば…

給与計算の代行
  • 給料計算は奥が深く難しい事務の一つであり、社員の立場に立って考えるとミスが許されない手続の一つです。多くの企業では、 給料計算専門の担当者を置いてその処理を行っていますが、担当者が退職した場合の 引き継ぎには不安が残ります。ましてや急な退職となれば…。当社に委託していただけば、そういった不安を持つことなく常に確実な給料計算事務を提供させていただきます。
  • 給料データの機密性の維持
    給料計算に携わる社員は給料データに触れることになりますが、その人数が複数となる場合や担当者が 交替する場合など、どうしても守秘義務上の不安が残ります。また、担当者とはいえ社員であることには変わりはありませんので、思わぬトラブルが生じる場合があります。
    社会保険労務士は、「秘密保持義務」を課せられておりますので、私共に委託いただければ、そういった不安やリスクは無縁のものとなるはずです。
  • 給与データの戦略性
    給与に係るデータは、一人別年間総額、部署別総額、これらの多年度に渡る金額の推移等、人事上、経営管理上も重要なデータとなります。給与計算をコンピュータ処理していれば、いつでも有益なデータとしてご提供できます。
社会保険、労働保険の事務代行
  • 労働保険・社会保険諸法令に基づく各種書類の作成及び手続きの代行をいたします。
最適賃金の提案
  • 年金を受給されている従業員がいる場合に、給与の額をシュミレーションさせて頂き、年金額の停止がより少なく、また人件費を削減する為の最適賃金を試算させていただきます。
就業規則の作成
  • 常時10人以上の労働者を使用する使用者は就業規則を作成し、行政官庁に届け出る義務があります。
    刻々と変わる法令に伴う就業規則の見直しも必要となります。
助成金の提案
  • 雇用保険適用事業所の事業主に対して支給される各種助成金制度があります。
    企業に合った助成金を提案させていただきます。
年金コンサルティング
  • 個人の方へは、提出書類の記入をはじめとして、年金相談など個別相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

実際の業務は、清水幸子社会保険労務士事務所で処理させていただきます。

お問い合わせ075-343-0870